新築住宅の特徴とは?具体的なメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく紹介

当サイトは新築住宅の特徴を良いところや悪いところから解説しています。
具体的なメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく紹介しているので、新築の家を購入しようか迷っている人におすすめです。
リフォームの必要が少ないのが新築の住宅の良いところの1つです。
快適に住み始められることが期待できます。
また希望の立地が選びにくい点は、新築の住宅のデメリットです。
人気が高い場所は既に家が建っていることが多いからです。

新築住宅の特徴とは?具体的なメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく紹介

新築住宅には具体的にどのようなメリットとデメリットがあるのか疑問に思う人もいるかも知れません。
新築住宅のメリットには新しい技術が使われていることが多く、古い時代に造られたものよりも住宅性能が高いということが挙げられます。
一方、はまだ完成していない場合には入居までに時間がかかるという点がデメリットです。
また駅から近い物件が少なく、郊外に建てられることが多い点も人によっては気になるところかも知れません。

最新設備を備える新築住宅のメリット

夢見るマイホームには多くの方が拘りを持っているでしょう。
新築住宅になるとなお更のことであり、多くのメリットがあります。
そのメリットが自分で様々な設備を備えられることです。
代表的なものに太陽光発電と蓄電池があります。
多くの太陽光発電を装備して電気を蓄え、必要なときに使えると言った環境にもやさしく、エコの時代に合ったものになっています。
最新のものを装備すればコストも割と安くで済みます。
またレイアウトや庭の造りも自由自在に出来ますから、新築住宅を今から考えている人にとっては楽しみが一層増すことです。
これからはエコ社会ですので、地球環境に優しい家づくり、つまり二酸化炭素の排出量を抑えるようなものが増えてきます。
環境問題を取り組んだ新築住宅には国や自治体から補助金も出ますから、補助金を活用していきながら計画を立ててみてください。
夢のマイホームがまさに夢が連続して続くような家づくりになることは間違いないです。

初心者が知っておきたい新築住宅のデメリット

住宅に関してあまり知識を持たない初心者は、新築住宅を選ぶ場合のデメリットも知っておかなければなりません。
誰も住んだことに無いまっさらな家を手にすることができるのですから、メリットばかりのように感じてしまいますが、実際には気を付けなければならない点もあります。
例えば、新築住宅では実際の住み心地を想像できないケースがあり、特にまだ出来上がっていない家を購入する場合には思い描いていたイメージとは違っていたと感じるケースが少なくありません。
誰も住んだことがないため、前の住人に意見や評価を聞けないのは気になる点です。
また、購入できる土地がかなり限られていて、理想の場所に住めないこともあります。
購入する時期によっては、予定していた地域から少し離れた場所にしか用意できないケースもあり、住む場所にまでこだわりたい人にとっては大きな問題と感じるかもしれません。
資金面でも新築住宅の方がお金がかかり、ローンの負担は大きくなります。

新築住宅における予算の相場とは?

"

結婚した後は、住宅を建築したいと考えている人もいるかもしれません。
注文住宅を建築する場合には、新築住宅と言う形になるため建築会社に依頼することになります。
新築住宅を建築する場面において、重要なのはどのように予算を考える暇でしょう。
費用を考えるにあたり、その相場を知っておくことが必要です。
建物を建築する場合、その前提として土地がなければいけませんがすでに土地を取得している場合は建物本体の予算をしておきたいところです。
一般的には、20,000,000円位が平均的な金額と言われています。
それぐらいのお金を貯めておくか、あらかじめ住宅ローンを組むように計画を立てておかなければいけません。
ちなみに、10,000,000円位で建築できるケースもありますが大抵の場合トイレの設置や網戸などがオプションになっており、それらを加えると結局20,000,000円近くになると言われています。
それならば、最初から安いところは避けた方が良いかもしれません。

"

初心者が新築住宅で後悔しないために把握しておきたいポイント

新築住宅と聞くと、建売住宅と注文住宅の2つをイメージされる人は多いのではないでしょうか。
建売住宅は土地と建物をセットにして販売価格が決まっている、完成している場合は家を見学して購入できるメリットがあります。
これに対して注文住宅は、土地を探してから工務店もしくはハウスメーカーなどの依頼先を決めて何度かの打ち合わせを行いながら家の設計を行う家づくりになりますので、完全オーダーメイドの新築住宅なら理想通りの家づくりができるメリットがあります。
しかし、新築住宅を注文住宅で建てたけれども家事負担が大きくなってしまったり、部屋の入口にある扉の開閉方法をあまり考えなかったので使いにくくなってしまったり、後から後悔するケースも少なくありません。
初心者が新築住宅の家づくりをするときには、生活動線と家事動線2つの動きとなる部分をしっかり把握することがポイントです。
この2つの動線を意識しながら間取りを考えることは、家づくりでは重要な作業です。

新築住宅を購入する際に受けておきたい減税措置

新築住宅を建てる際に受けておきたい減税措置の1つに、住宅ローン控除が挙げられます。
マイホーム購入の際に多くの人が住宅ローンを組みますが、一定の条件を満たしていれば控除を受けられます。
次に不動産取得税に関しても、新築住宅の購入の際に減らせる可能性が高いです。
50〜240平米の住宅で、耐震基準を満たしていれば適用されます。
1,200万円の控除が主体であり、長期優良住宅に認定されればさらに100万円が上乗せされます。
床面積が120平米以内であれば、固定資産税の減税措置も受けられることも覚えておきましょう。
新築の場合は、建物と土地部分でそれぞれ控除内容が変わることを認識するのが大切です。
なお床面積が50平米以上であれば、登録免許税に関しても減税が可能です。
父母および祖父母から住宅取得のための資金を贈与された場合、一定額まで税金がかからない贈与税非課税措置を受けることもできます。
また住宅ローン控除との併用はできませんが、認定住宅新築等特別税額控除という措置を受けるのも選択の1つです。

新築住宅の返済計画は余裕を持って立てるべき

新築住宅は耐用年数も長いものの、購入時の金額も高いので返済期間も長くなる傾向があります。
長期での返済になるので、様々なリスクを考えて返済計画を立てておく事が大切です。
ローンを組んで購入する場合で、変動金利を選択した場合は金利が上昇する事も想定しておかないといけません。
さらに購入時に住宅ローンを組む事で何らかの減税策があったとしても、それが支払いを終えるまで永久的にあるとは限らないので、減税策等が途中でなくなる事も可能性として考えておくべきです。
新築住宅のローンは20年以上や30年以上の期間でローンを組む事も多いですが、そうなると支払いが終わるより前に住宅の塗装の塗り直しや水回りやインターホン等の電子機器が故障して、修理やメンテナンスは必要になる可能性が高いです。
そうなると毎月のローンの支払いとは別に住宅の修理やメンテナンスに必要な費用がかかるので、資金計画にそれらも考慮する必要があります。

家を買う場合の新築住宅と中古住宅の比較のポイント

マイホームを買う場合には、自己資金や収入などの諸条件で購入可能な金額の上限が決まります。
そこで限られた予算で理想の住まいを実現する上では、新築住宅にするか中古物件を選ぶかで悩むことも多いです。
価格が安い中古住宅も魅力的ですが、一方で建物の老朽化が進みやすいのが難点です。
したがって永住可能な住まいを求めている人々は、新築住宅を選ぶ傾向が強いです。
新築物件は地域によって価格が異なっており、特に土地の値段が安い郊外にはお得な物件が多数あります。
また割安な新築一戸建て住宅は、最寄駅から多少離れているのが一般的です。
そのために物件を選ぶ場合には、マイカー通勤にも最適な駐車スペースが広い新築一戸建ての中から選ぶ必要があります。
不動産会社に住まい探しの相談をすると、環境良好でマイカー通勤にも最適な新築物件を紹介してもらえます。
新築物件は耐震性や断熱性にも優れており、安全で快適な環境で家族が生活できます。

新築住宅入手の際の火災保険への加入について

新築住宅を購入し銀行ローンを組む際には、火災保険に加入することが義務付けられています。
これは万が一の時に、新築住宅の自宅のみならず近隣へ被害を与えてしまった時のためのものです。
そのために新築用の火災保険というものが数多く売り出されています。
場合によっては、ローンを組む銀行などから指定の保険を選ばなければならないということもありますが、このような保険の場合には、当該事項以外にも、地震などについてもオプションが付いているが場合がありますので積極的に加入することをお勧めします。
このような保険金の掛け金が決まる項目としては、その建物が鉄筋コンクリート製であるかどうかということや補償の金額や時間はどのようになっているかということ、及び保証内容がどうなっているかということで決まってきます。
どのくらいを目安とするかということに関しては、自分が支払える金額や想定する被害などによって異なってきますので、その点について検討を行う必要があります。

どうせ建てるならSDGsに配慮した新築住宅を建てよう

昨今世界では脱炭素をスローガンにかかげ、様々な取り組みが行われています。
このまま大気汚染や地球の温暖化が進むと、生態系に乱れが生じ人間も住みにくい地球になってしまうんです。
そこで持続可能なサスティナブルな取り組みが世界各国で見られるようになっているのです。
これは日本も例外ではなく、政府をはじめ各企業でもサスティナブルな取り組みを行うようになってます。
それゆえエンドユーザーの我々もこうした取り組みを実践していかなければなりません。
新築住宅においてもお金をかけるだけではなく、SDGsに配慮した物件を購入したり設計することが大事なのです。
例えば新築住宅建築の際にも再生の木くずを利用した素材で壁を設置したり、暖房や冷房などをほとんど使わなくて済むような風通しや断熱材に拘った家屋を建設するといったことが大事です。
このような建築方法であると、ランニングコストなども安く済むようになり、家計なども助かるようになるんです。